ギャップで虜に♪

普段は明るくて元気で、色気を感じさせないボーイッシュな感じだが、2人っきりで飲みに行ったときには酔っぱらって女らしく、少しボディタッチなどもしつつ甘えることによって、より女性らしさが際立ちギャップで落ちる。

普段は明るくて元気で、色気を感じさせないボーイッシュな感じだが、2人っきりで飲みに行ったときには酔っぱらって女らしく、少しボディタッチなどもしつつ甘えることによって、より女性らしさが際立ちギャップで落ちる。

ボディタッチが過ぎると、ただの軽い女だと思われるので、やり過ぎには注意が必要。

ボーイッシュさとのギャップの別バージョンで、誰が見ているでもないシーンでも、常に所作だけは女性らしく振る舞うことで、男性は意外と見ている。例えば、落とした物を拾うときに脚を閉じてかがむとか、左側の物を右手でとってといういわゆるクロスの法則を利用するなど。

欲求すれ違い作戦

相手の欲求に対して、同意することなく違う提案をすることなく、ただただ受け止め続ける。

反対にどうしても叶えたい自分の欲求がある時にだけこちらから提案してみる。

相手の欲求に同意し続けてしまうと相手のペースになりやすい。

違う提案をしても対立することが多い。

ただ受け止め続けて、自分の欲求の時にだけ初めて自分の意見を伝えるので通りやすい。

自分の伝える欲求が、それまでの相手の欲求と上手く関連付けされていること。

意見がない人と思われないペースで定期的に実施していく。

間違いでんわ作戦

今俺とすれ違った?どこいる?といきなり電話をかける

実際はすれ違ってない。

この方法は、いきなりの異性からの電話はドキッとする効果が高いからから有効です。

その電話から自然に今度の飲みに誘うこと。ガッつきすぎない。

自然と付き合える流れに

会う回数や連絡の回数を徐々に増やし、体調や気持ちがすぐれないアピールして、交流を増やす。

相手を悪者にせず、私のためにLINEしているという感じにする。

極端にアピールせずに、徐々に変化をつけること。

弱っている女性を見ると守りたくなる心理が働きます。

相手を焦らす作戦

とにかく相手の弱みを握り、そこをついていって様子を見ます。

弱みを握られると相手は抵抗できなくなるからです。

それと同時に相手が喜ぶことも仕入れておく。

注意点としては、誤った情報だけは手に入れないようにすることです。

友人も紹介してもらい、幅広い友好関係が必要だと思います。

わざと相手の嫌がることをする

相手の嫌いな事とかすると、相手は嫌な気持ちになります。

ですが、それを耐えてくれる人は逆に脈アリです。

相手が喜ぶことばかりせずに、一旦引くことも重要なのです。

LINEを一時無視して相手を困らせる!

あくまでもこちらが、興味ないですよ!という意思を伝えるためにはLINEを既読無視します。

というかもはや、数日連絡つかなくしてしまいます。

連絡のつきようがなければ家さえ知られていなければ、諦める選択肢は自然と出てくると思います。

その時に連絡がくれば、あなたを捕まえたくなってしまう異性も多いでしょう!

恋人になるにはとりあえず気になった相手は猛プッシュして落としたもん勝ちです。

スパッと!告白する!

告白する時は、一切の妥協もせずに告るだけです!

いろいろな気持ちを残しておくと、お互いに良くないから頑張るだけです。

失敗しても、冷たくし過ぎない事が次の成長に繋がります。

関連記事